「働き方改革実践企業」「オンリーワン・ナンバーワン企業」など各認定マークの見方を説明します

世の中には「働き方改革実践企業」「オンリーワン・ナンバーワン企業」など、特別な取り組みや実績のある優良企業だけが認定を受けられる制度がさまざまあります。「ひろしまッチ!」ではそれらがひと目でわかるように、企業紹介ページに各認定マーク(9種類)をつけています。ここではそれぞれの認定制度について説明します。

 

広島県働き方改革実践認定企業

長時間労働の削減、休暇の取得促進、仕事と育児・介護の両立支援など従業員が働きやすい職場環境づくりに取り組み、働き方改革において様々な成果や効果が出ている企業を「広島県働き方改革実践企業」として、広島県商工会議所連合会及び広島県商工会連合会が認定している制度です。※広島県働き方改革実践企業認定制度は令和2年度をもって終了しました。  ▶詳しくはコチラ

 

広島県の「ものづくり」~オンリーワン・ナンバーワン企業~

取り扱う製品、または技術が他社にはないもの、国内外のシェア(生産・販売など)がナンバーワンであるものを持つ企業です。「広島ものづくり調査事業」(平成15年度実施)と「県内事業所先駆的取組発掘調査業務」(平成21年度実施)における企業からの回答のほか、企業からの申請に基づいて広島県のホームページに掲載されている企業です。 ▶詳しくはコチラ!

 

奨学金返済支援制度導入企業

従業員の奨学金返済に対する支援制度を設けている企業(広島県奨学金返済支援制度導入企業データバンク登録企業)です。登録内容は各企業の自己申告に基づくものです。 詳しくはコチラ!

 

魅力ある福祉・介護の職場宣言[スタンダード認証法人][プラチナ認証法人]

働きやすい職場づくりや人材育成、業務改善、介護サービスの質の向上等の一定の水準を満たしている福祉・介護サービス関連法人を広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会が認証しています。
特に、プラチナ認証法人はトップランナーといえる法人で、離職率が低く、職員が安心して長く働き続けられる取り組みを行っています。
▶詳しくはコチラ!

 

ユースエール認定制度 | 厚生労働省

ユースエール認定(若者雇用促進法に基づく認定)制度とは、若者の採用・育成に積極的で、雇用管理の状況などが優良な中小企業(新卒者の離職率が低い、正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下、有給休暇の取得率が高い、など)を厚生労働大臣が認定するものです。 ▶詳しくはコチラ!

 

地域未来牽引企業 | 経済産業省

地域未来牽引企業は、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業を、経済産業省が選定したものです。 ▶詳しくはコチラ!

 

広島県 仕事と家庭の両立支援登録企業

広島県 仕事と家庭の両立支援企業は、「仕事と家庭の両立」支援に取り組むことをトップ自らが宣言した広島県内企業です。広島県が登録して支援しています。 ▶詳しくはコチラ!

 

広島県 男性育児休業等促進宣言企業登録(育メン休暇応援)

男性労働者の育児休業等の取得促進に取り組むことを宣言した企業などを、広島県が登録する制度です。通称、「育メン休暇応援制度」と呼ばれています。 ▶詳しくはコチラ!